【山形大学CARP】定例研究会!!


山形大学CARPの定例研究会報告です!

今回は「上杉鷹山」をテーマに行ないました!

米沢藩の藩主である上杉鷹山ですが、師や妻との関係性から、人物像をひもといていきました。

周りの家臣になかなか受け入られなかった鷹山ですが、改革に対する決意や姿勢、行動を 通して周りに影響を与え、改革を成功させたことが分かりました。

“先施の心”という“自分から行動していく”思想、一人一人を大切にする、諦めないなど、多くを学べる偉人でした。

参加者感想:鷹山の自分から改革に真剣に向かっていく姿勢に感銘を多く受けました。鷹山の生き方に憧れました。

 


Error: Feed has an error or is not valid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です