【岡山大学カープ(CARP)】維新黎明塾開催~安保法制について~


岡山大学カープです。

10月28日、維新黎明塾※を開催しました。

今回は安保法制について、4つの視点(賛成派と反対派の意見、マスコミ報道の比較、国際的観点、国内の安保の歴史や変遷)から発表し、その後ディスカッションをしていきました。

※維新黎明塾とは、岡山大学カープの研究会の新しい名称です。自分たちが理解を深めることを通して、日本や世界によき変革を起こしていこうという願いを込めたものです。

<メンバーの感想>

安保法制は日本だけの問題ではないので、周りの国の意見や立場を明確に理解していかないと必要性や意義も見えてきづらいと感じました。

安保法制の制定は歴史性があり、過去から知っていかなければ核心部分についてはわからないことが多いと感じた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です