【熊本大学カープ(CARP)】定例研究会開催


熊大カープ(CARP)です。

7月15日、定例研究会を開催しました。

今回のテーマは「中国共産主義の変遷と北朝鮮金三代王朝」でした。

歴史を振り返りながら、共産主義理想を成そうとする中国の実態とその限界点を指摘し、今後中国が発展していくための代案を提示していきました。

北朝鮮については公表されている情報が少なく、実態がよくわからないという結論に至り、もう少し研究が必要だと感じました。

くわしくは熊本大学カープ(CARP)ブログをご覧ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です