World CARP JAPAN(カープ)公式Blog

カープの最新情報やコラムをアップします!

大学を創った人々

大学を創った人々


HOME > 大学について > 大学を創った人々

 

「大学を創った人々」を取り上げる特設ページです。

日本や世界における大学の成り立ちや有り方について、関係する偉人にフォーカスを当てて解説します。

第一回 「学問の自由」―カント(1724-1804)

Immanuel_Kant

哲学は学べない。学べるのは哲学することだけである。

We cannot learn philosophy, but we can only learn to philosophize.

イマヌエル カント(Immanuel Kant)

大学が「国家の利益のため」に腐敗していく中、「学問の自由」を訴えたカント…詳細はこちらから

 

第二回 「フンボルト大学創設」―フィヒテ(1762-1814)、シュライアマハー(1768-1834)

Fichte_Schleiermacher

大学は最も重要な施設であり、人類が有する最も神聖なものである

ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ
(Johann Gottlieb Fichte)

知の普遍性・総合性(Universality)こそ、大学(University)にその名を与えた

フリードリヒ・ダニエル・エルンスト・シュライアマハー
(Friedrich Daniel Ernst Schleiermacher)

フンボルト大学の創設に際し、カントの影響を受けた二人の先導者がそれぞれ大学論を展開する…詳細はこちらから

 

第三回 「学問による人格形成」―フンボルト(1767-1835)

ほんとうに真面目に努力することは、なかば到達したことと同じです。

カール・ヴィルヘルム・フォン・フンボルト
KarlWilhelm von Humboldt

近代大学の出発は1810年、フンボルト理念に端を発すると考えられ…詳細はこちらから

 

第四回 「日本での大学の始まり」―森有礼(1847-1889)

人が結婚すれば、権利、義務が2人の間に生じて、両者平等である。2人の間の権利と義務とは、お互いに助け合い、保護し合う道をいう。すなわち夫は、扶助を妻に要求する権利を持つと同時に、妻を保護する義務がある。また妻は、保護を夫に要求する権利があり、また夫を扶助する義務がある。この理によらないで結婚するものは人間の結婚とはいえない。

森 有礼
(Arinori Mori)

19世紀後半、日本において大学制度の設計図を作成したのは伊藤博文と森有礼…詳細はこちらから

 

第五回 「学ぶと学ばざるとによる差」―福澤諭吉(1835-1901)

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

福澤 諭吉
(Yukichi Fukuzawa)

「天皇のまなざし」のもとで統治機構を築こうとした森は帝国大学を誕生させ、一方、福澤は「実学」を国民一人ひとりに身につけさせることから…詳細はこちらから

 

第六回 「教育の機会均等を」―南原繁(1889-1974)

理想は一人の青年の夢想ではなく、また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、いかなる日常の行動にも必ず現実の力となって働くものである。

南原 繁
(Shigeru Nanbara)

戦後日本の教育改革、とりわけ現在の大学制度に大きな役割を果たしたのが、戦後初の東京大学総長となった南原繁で…詳細はこちらから

 


HOME > 大学について > 大学を創った人々

プロフィール

公式Blog

公式Blog

W-CARP JAPAN 広報担当です
Newsやコラムをあげます
よろしくおねがいします