World CARP JAPAN(カープ)公式Blog

カープの最新情報やコラムをアップします!

シンギュラリティと働く理由~AI時代の生き方~

time 2017/07/26

シンギュラリティと働く理由~AI時代の生き方~

未来予測|AI化

皆さんは10年後、20年後社会がどう進歩しているか予測できますか?

近年のテクノロジーの革新からすると、正確な予測は容易でないと誰もが認めるところだと思います。

何しろ、たった10年前にはスマートフォンが普及していなかったため、現在スマートフォン一つで出来るあらゆることが何一つできなかったのですから。
smartphone_0726

 

収穫加速の法則?シンギュラリティ?

1999年、アメリカの発明家であるレイ・カーツワイルは未来研究において「収穫加速の法則」を発表しました。

テクノロジーなどの分野で新たな能力が生み出されると、今度はその能力が次の進化のために使われる。進化のそれぞれの段階で、その前の段階の産物の上に成果を重ねることで指数関数的に進化するという法則です。

簡単に言うと、 テクノロジーは指数関数的に発展するということです。
The Law of Accelerating Returns | KurzwailAI, http://www.kurzweilai.net/the-law-of-accelerating-returns(英語)

function_0726
レイ・カーツワイルは様々な未来予測をしていますが、2045年には、すべての人間の脳の能力を数値化して合わせたものよりも、1000ドルのコンピューター1台の方が高い能力になると予測しています。
シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき|レイカーツワイル,https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/B009QW63BI/nubonba0a-22/

テクノロジーの驚異的な発達の結果、人間の能力と社会が根底から変容する。いわゆる、「シンギュラリティ」を迎えるということが最近何かと話題です。

pc_human_0726

AI化の波

正確な未来予測は我々には難しいですが、既にAI化のうねりの中で様々な現象が起こっています。

囲碁や将棋に関してプロよりもAIの方が強いということは、もはや誰も疑いません。
AI囲碁はどこがどう強いのか、大橋六段がその「思考法」を解説|『週刊ダイヤモンド』特別レポート|ダイヤモンドオンライン , http://diamond.jp/articles/-/134617

 

銀行や保険会社は店も人も必要がなくなり、私自身も店舗さえ存在しないネット銀行にお世話になっています。

今年2017年には、セブンイレブンなど大手コンビニエンスストア5社が、2025年までに国内全店舗にセルフレジのシステムを導入すると発表しました。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/14784

10年後には、昔コンビニのバイトでレジ打ちをやったという話が子供たちに通じなくなるかもしれません。

convenience_0726
諸外国でも激しいAI化のニュースが飛び込んできています。

お隣韓国ではAIを政治家に育てるプロジェクトが始まりました。アメリカでは、受刑者の収監期間などをAIに大量のデータを元に判断させ、それを参考に人間が決めています。今後こういった驚くべきニュースに多く触れていくことになるでしょう。
NHKスペシャル|人工知能 天使か悪魔か 2017 , http://www6.nhk.or.jp/special/detail/?aid=20170625

AI化による「仕事の変化」

今やAI化は誰も逆らうことの出来ない流れと言って間違いなさそうですが、その結果人間の仕事が次々になくなることが予測されています。

学生さんたちにとっては、どの職業がなくなるのか、必要な職業に多くの人が集中するのではないか、など未来に様々な不安を抱えていることでしょう。

現在すでに働いている層からするともっと深刻です。自分の今の仕事は必要なくなる可能性があり、職を失うかもしれません。

しかし、それに備えて今から全く違うことを学び始めるというのも簡単なことではありません。

単純に考えても、多くの仕事がなくなった結果、多くの人の生活が困難になるのは明らかです。
headache

ベーシックインカムは人類を救うか

そこで再び注目を集めているのがベーシックインカムです。

ベーシックインカムとは、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想のことで、すでに世界各地で導入実験が始まっています。構想自体は最近のものではありませんが、これからのAI化を考えたときに必要になると考えられています。

1dollar_0508

世界での前例

昨年、世界で初めてベーシックインカム導入を問う国民投票がスイスでなされました。

成人国民に月額2500スイスフラン(約28万円)、未成年者には月額625スイスフラン(約7万円)のベーシックインカムを給付するという大型のものでしたが、高所得者層に支給がないことや、財源に対する不安もあり否決されました。

今年に入って、フィンランドでは国をあげて試験的にではありますが、ベーシックインカムの導入を始めました。

無作為に選出された2000人の失業者に対して月に560€(約6万8000円)を支払うというものだそうで、試験期間である2年間の動向が注目されます。
ベーシックインカムはAI失業時代の救世主か|政策|東洋経済オンライン , http://toyokeizai.net/articles/-/171230

basicincome_0726

ベーシックインカムは、 年金・生活保護・雇用保険・児童手当や各種控除をベーシックインカムに置き換えることで構図がシンプルになり、国民の最低限の生活の保障が容易になる一方、巨額の財源の捻出や社会構造の急激な変化への対応など課題も指摘されています。しかし、AI化の急激な波が押し寄せることを考えると、ベーシックインカムを検討せざるを得ないというのが現代の状況であると考えられます。そんな中、くだんのレイ・カーツワイルをはじめ、多くの著名人たちがベーシックインカム賛成の意を表している上、日本を含めた多くの国々の政党でもベーシックインカム導入をマニフェストとして掲げています。実現は遠い未来の話ではないのかもしれません。

ベーシックインカムで「仕事」が変わる!?

さて、ベーシックインカム導入とともに社会構造が完全に変容したとしましょう。そうなると、仕事の意義が変わります。

平成26年度の内閣府の世論調査によると、「あなたが働く目的は何ですか(選択肢から1つ選択)」という問いに対して51%の人が「お金を得るため」と答えています。同じ意図の統計を参考にしても、働く目的はお金や生活のためというのが圧倒的多数というところは変わらないようです。

h26_naikakufu_work_reason

しかし、ベーシックインカムによって働かなくても生活ができるようになった時、人は何のために働くのでしょうか。あるいは働かないのでしょうか。

「生活のために働かざるを得ない」という状態から「~のために働きたい」という風に、誰もが働く理由を考える時代に入っていくのかもしれません。

普段スケジュールに追われる生活の方がいらっしゃれば、これからの時代に備え、働く理由をしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

women_question

本当の成功とは・・・

最後に、「アルケミスト – 夢を旅した少年」で知られるブラジルの小説家、パウロ・コエーリョがブログで紹介した話を載せようと思います。

昔、ブラジルの小さな村で、一人のビジネスマンが浜辺に座っていた。
すると、一人の漁師が少量の大きな魚を捕って小舟で岸に戻ってくるのが見えた。

ビジネスマンは、感心してその漁師に尋ねた。
「それだけの魚を捕るのに、どれぐらい時間がかかるんですか?」
「少しの時間だけだよ」と漁師は答えた。
ビジネスマンは驚き、さらに漁師に質問をした。
「だったら、どうしてあなたはもっと長い時間海にいて、たくさんの魚を捕らないんですか?」
「これだけで家族を養うのに十分だからだよ」
「一日の残りの時間はいったい何をしてるんですか?」
「そうだね、私はいつも朝早くに起きて、海に行って魚を何匹か釣るんだよ。その後は家に帰って子どもたちと遊んで、午後には妻と一緒に昼寝をして、夕方には村の仲間と酒を飲んでいるよ。夜中までギターを弾き、歌って踊るんだ」

ビジネスマンはその漁師に提案をした。
「私は経営に関する博士号を持っています。私はあなたがもっと成功するお手伝いが出来ると思います。あなたは、これからはもっと長い時間海にいて、できるだけたくさんの魚を捕るべきです。十分なお金が貯まったら、たくさん魚が取れる大きい船を購入できます。そしたらもっと多くの船が買えるようになり、会社を設立して、缶詰工場を作り、販売ルートを開拓することもできるでしょう。やがて、あなたはこの小さな村からサンパウロへと移り住み、大きな本社ビルを置いて、支店を管理できるでしょう。」
「それで、その後は?」
ビジネスマンは腹を抱えて笑い、「その後、あなたは王様のような暮らしができますよ。時をみて株式上場すれば、あなたは大金持ちになるでしょう」
「それで、その後は?」
「そうすればもう働く必要はありません。引退をして小さな漁村に移り住んで、朝早くに漁に行って、少し魚を捕り、その後は家に帰って子どもたちと遊び、気持ちいい午後には奥さんと一緒に昼寝をして、夕方には村の仲間と酒を飲み、夜中までギターを弾き、歌って踊るのです」

漁師は困った顔をして言った。
「それは、私が今やっていることじゃないか。」

(記事作者 翻訳)

1 MIN READING: The fisherman and the businessman | PAULO COELHO ,
http://paulocoelhoblog.com/2015/09/04/the-fisherman-and-the-businessman/

(広報担当T)

down

コメントする




プロフィール

公式Blog

公式Blog

W-CARP JAPAN 広報担当です
Newsやコラムをあげます
よろしくおねがいします