World CARP JAPAN(カープ)公式Blog

カープの最新情報やコラムをアップします!

准教授の信仰迫害は、違法行為!佐賀大学に対する損害賠償が確定!

time 2016/02/03


以前からお伝えしておりました佐賀大学裁判ですが、今年1月26日付で、同大学に対する8万8千円の損害賠償を命じる判決が確定しました。

この裁判は、佐賀大学CARPの卒業生(2013年同大学卒)とその両親(統一教会員)が信仰の自由と名誉感情を侵害されたとして、同大学と同大学M准教授に対して損害賠償請求をしたものです。

昨年4月、原告(上告人)側は、前回の福岡高裁判決に対して、M准教授の発言が政教分離原則に違反するという主張が退けられたことは、憲法論として問題があるとして、最高裁に上告していました。しかし、上告理由に当たらないなどとして最高裁は上告を棄却し、高裁判決が確定することになりました。

関係者の話によると、「高裁判決文には、M准教授の発言は憲法違反に当たらないとするばかりか、特定宗教の教義について適切な表現を用いる限りにおいては、国立大学法人の教授が、批判的な意見を述べても良いなどと判示しており、政教分離原則からみて明らかな憲法違反を犯していました。さらに、いずれも根拠が的外れだったにもかかわらず、最高裁が上告棄却したのは理解しがたい」とのことです。

 

原告のコメント

「国立大学法人の教員による明かに政教分離に反する行為が憲法違反として認められず、最高裁判所で無視されたことは非常に残念です」

 

M准教授の信仰迫害発言が違法であると判断されたことは良かったのですが、原告のコメントのとおり、明らかな憲法違反を看過されたことは非常に遺憾です。この問題を放置すれば、いずれは日本の教育環境にとって障害となるはずです。大学の行き過ぎた「カルト対策」是正のためにも、大学や有識者と対話しながら、解決できるよう尽力してまいります。

down

コメントする




プロフィール

公式Blog

公式Blog

W-CARP JAPAN 広報担当です
Newsやコラムをあげます
よろしくおねがいします