World CARP JAPAN(カープ)公式Blog

カープの最新情報やコラムをアップします!

被災地ボランティア活動報告

time 2013/09/26

被災地ボランティア活動報告

被災地ボランティアの活動に参加していたCARP会員たちが帰ってきました。

みんな日焼けして黒くなっていましたが、
疲れた様子もなく、生き生きした表情をしていました。

今回は統一教会平和奉仕ボランティア隊UPeaceと連携しての活動で、9月18日から25日(実働6日間)まで石巻市周辺で活動を行っていきました。

この期間は天候にも恵まれ、活動も被災地の見学も問題なく進めていけたようです。

簡単に活動内容を紹介します。

実働6日間の活動内容
1日目~3日目(石巻)
公園花壇の整備・草刈りなど 石巻市被災地見学

4日目~5日目(南三陸)
ボランティアセンターでの活動(側溝の掃除、農地整備など) 防災庁舎見学、復興商店街

6日目(牡鹿半島)
がれき撤去 女川町見学など

IMG_1459

 

 

 

 

 

 

 

 

被災地での活動や被災者の方々・他のボランティア団体との交流を通して、さまざまな学びを得たようです。

抜粋して2人の感想を掲載していきたいと思います。

 


感想
2人の方との出会いが印象的でした。
1人は被災者の方で、震災でご家族を亡くされた方でした。愛する家族を亡くされ、想像もできないほどの悲しみを抱えていらっしゃるにも関わらず、生かされた自分にできることはないかと地域のために尽くし続ける姿に感動しました。
もう1人は、震災直後から現地でボランティアを続けている方との出会いです。何の支援も受けず、ご自身の夢のために貯めた貯金を崩しながら、被災地のために活動しておられる姿が印象的でした。自分の生き方も変えていかないといけないと感じました。(男性)

被災地の方々の話を聞く中で、震災では多くの人が亡くなり、多くの悲しみがあったのだと実感しました。もう一方で、震災を通して、人間の本心が高まっていく現象もあるのではないかとも感じました。出会う人々は本当にいい人が多く、学ばされることが多かったです。
大学においても、為に生きる活動・文化をもっと広めていきたいと思いました。(男性)


提唱者である文鮮明師の言葉で、「愛は与えて忘れなさい」という言葉があります。
見返りを求めるのではなく、ただただ他の為に与え、尽くす生き方です。

そのような生き方をしていける私たちでありたいし、
そのような生き方を広げていける私たちでありたいということを感じさせられました。

これから大学では後期のスケジュールが始まります(前後期ではない大学や既に始まっている大学もあります)

研究会活動とともに、他の為に生きる文化を広めていけるCARPとなれるように頑張っていきます。

 

IMG_1886

プロフィール

公式Blog

公式Blog

W-CARP JAPAN 広報担当です
Newsやコラムをあげます
よろしくおねがいします